top of page

AI時代を生きる子供たちの言語教育

こんにちは。

メルク英語教室の林英美です。


昨年度、このようなブログを書きました。


「わが子の日本語語彙力はどのくらい?」


毎日の子供たちな生活に、今は活字よりも音楽や映像、効果音などが溢れかえっています。


意識をしないと、活字には全く触れていない子供たちが急増しています。そんなAIの時代に生きるからこそ、子供たちにとって言語学習は重要だと考えています。


言葉は人間だからこそ必要


言葉は、人が考えたりや気持ちを表現し、コミュニケーションを取るために必要なものです。




具体的には、音声や文字、手話などの形で表現さ

れます。


言葉は、意味を持つ単語、文法の規則、そして文脈という枠組みの中で使用されます。


言葉は、相手に情報を伝えたり、思考や感情を共有したりするために不可欠です。



言葉を通じて、人はコミュニケーションを行い、気持ちが考えを伝えることができます。


言葉は、人や文化や社会の発展にとって、とても重要です。


なぜ国語や外国語を学ぶのか?


では、なぜ言語を学ぶ必要があるのでしょうか?



1.コトバは複雑です! 


言語は、(1)文法、(2)語彙、(3)文学、(4)作文など、多岐にわたる要素から構成されています。


これらの要素を理解し、関連付けながら、文章を読んだり書いたりすることは、他の教科と比べてとても難しいことがあります。




2. 文学的な要素の理解が必要!


国語には文学作品や詩、物語なども含まれます。国語もそうです。このような作品には時代背景や文化的な要素が反映されています。


そのようなことを理解するためには、幅広い知識や感性が必要です。



言葉はコミュニケーションの基礎です。

また、読解や作文能力は、実生活でのコミュニケーションにも影響を与えます。


言語を使って自分の考えを表現したり、他人の意見を理解したりする力が不足している場合、国語や外国語の理解が難しくなります。




言語学習への興味やモチベーションを高める


他の教科に比べて、国語や英語が苦手と感じるお子さんがいます。そこには、言葉に対する興味やモチベーションの欠如が考えられます。


また、興味を持たない教材やテーマに対しては、理解することが難しくなることがあります。

言葉を学ぶことで、興味の範囲を広め、モチベーションを高めることに繋がります。



最後に

国語や外国語への理解を深めるためには、どうしたら良いでしょうか?いくつかのヒントを記します。


1. 読書を積極的に行う

2. 書く練習をする

3. 聞く練習をする

4. 会話を積極的に行う

5. 文化を理解する


このことについては、また次回具体的にお話したいと思います。


Comments


bottom of page