top of page

こんにちは。メルク英語教室の林英美です。



メルクには、全日制高校ばかりてなく、通信制高校の卒業を迎えた方々もいます。


先日、中学の途中まで通ってくれていた元メルク生で、今年通信制高校を卒業する教え子が、会いに来てくれました。


自分の病気を乗り越えて、高校をしっかり良い成績で卒業し、春からは大学生になります。そんな元教え子から聞いた情報をこちらでシェアしたいと思います。


通信制高校の生徒は4月以降に増える


通信制高校に中学卒業後、直接入学する高校生も多いですが、それより多いのが全日制高校から転校してくるケースです。


高校1年生の最初から通学するのではなく、高校のいずれかの時期に入学していた全日制高校を辞めて、通信制高校に転校するケースが多くあるのです。


最近ではそのケースがとても多く、松本市内にあるとある通信制高校では、来年度から2部制による運営をしなくては、通信制高校へ転校してくる高校生たちを全員受け入れることが難しくなってそうだと言うことを予測しているそうです。

全日制高校を辞める理由は、病気や学業不振だけではない


最近、通信制高校に転校していくケースとして多い理由が、全日制高校が合わないと言う理由からが多いようです。


コロナ禍を経験した子供たちにとって、長い時間をかけて通学したり、あまり関心のない授業に座っているだけで参加していることに対する不満も多いようです。


それならば、自分自身が時間を管理できて、学びたい科目について、効率的に学べることを選択できる、通信制高校で学ぶ方に切り替えた方が良いのではと言うふうに考える。高校生も多くいます。

通学日数を決められる高校が台頭している



通信制高校に通っているからといって、社会性に欠如しているだとか、人との関わりをしたくないと言う高校生ばかりではありません。


自分自身が選択した通学スタイルの中で、必要に応じて学校へ行き、技能強化を受けたり、先生や友人たちと交流することを望んでいる高校生たちも多くいます。


そんな中、全国的に増えているのが、週2回、もしくは週三回など自分で学校に通う回数を選べる通信制高校が出てきています。


タイムパフォーマンスが重要なZ世代やα(アルファ)世代のニーズを理解する


タイムパフォーマンスとは、費やした時間に対する満足度の度合いを示す言葉です。


短時間費やして、満足度が高いことを、「タイパが良い(高い)」と表します。


一方で、、長時間を費やしても満足度が低いと「タイパが悪い(低い)」と表すのが一般的です。


無駄な時間を費やしたくないという意味では、通学時間、教室内で退屈に過ごす時間等については、タイムパフォーマンスが悪いと考えている若者も多いです。


自宅学習ができる自動車学校とは?


コロナ禍を経て、多くの自動車学校では、強化学習を自動車学校の教室で行うのではなく、オンラインによる自宅学習へと移行しているところが多くあります。


これにより、受講者は、教室へ通う必要がなく、空いた時間に学科教習を受けることができます。

しかし、実際に運転をしなくてはならない場面では、自動車教習所へ通い、直接共感から指導を受けるのは、以前と変わりありません。


学校教育で教える方法にも変革が必要


世の中では、DX(デジタルトランスフォーメーション)化が急速に進んでいます。


これまで全て人がやっていたことを、あらゆるデジタルツールやコンピューターによって、置き換えることが可能になってきました。


今後学校でも、ライブコンサートのように、生徒たちの前に生放送的に先生が壇上に立って、独占的に教える授業を進めていくのではなく、必要に応じて、授業のオンライン化を進め、子供たちは自ら学ぶ力を培うことが、必要となってくるでしょう。


実際のところ、教える先生たちの経験や知識のレベルも様々で、体調が悪いと授業が進まなかったり、先生の楽しい雑談で授業がなくなってしまうなんて言うこともよくあります


人から教わる時間と言うのは、タイムパフォーマンスとしては低くなる場合もあります。


学ぶ人たちが、利用可能なデジタルツールや情報等にアクセスしながら、自ら学ぶことを促進できるようになれば、デジタルと人の融合は子供たちの学びを急速に推し進めることもできます。

教授者主体の授業から学ぶ者が中心となる授業へ



これか現在ある学校教育では、先生の力量に頼った学科指導や部活指導が教育において大きなウェイトを占めています。


例えば、以前は、飛脚が荷物を届けていた江戸時代とは違って、今の時代では宅配会社がトラックで荷物を運んでくれています。

同じく教育業界でも全てを人作戦で行うのではなく、使える技術やサービスはどんどん活用することが、現代の子供たちには合っている学びのスタイルなのではないでしょうか。


学校教科の知識やスキルばかりでなく、学び方やキャリア形成をサポートする教育現場へ


先生たちが不要なのではなく、今後も先生たちは重要な役割を担っていくと思います。


先生たちの役割は単なる学校教科の知識や技能強化のスキルを教えるだけでなく、学習者たちを自ら学べる学習者に育つようサポートする方向へ大きく今、まさにシフトしている転換期にあると思います。

こんにちは。

メルク英語教室の林英美です。


昨年度、このようなブログを書きました。


「わが子の日本語語彙力はどのくらい?」


毎日の子供たちな生活に、今は活字よりも音楽や映像、効果音などが溢れかえっています。


意識をしないと、活字には全く触れていない子供たちが急増しています。そんなAIの時代に生きるからこそ、子供たちにとって言語学習は重要だと考えています。


言葉は人間だからこそ必要


言葉は、人が考えたりや気持ちを表現し、コミュニケーションを取るために必要なものです。




具体的には、音声や文字、手話などの形で表現さ

れます。


言葉は、意味を持つ単語、文法の規則、そして文脈という枠組みの中で使用されます。


言葉は、相手に情報を伝えたり、思考や感情を共有したりするために不可欠です。



言葉を通じて、人はコミュニケーションを行い、気持ちが考えを伝えることができます。


言葉は、人や文化や社会の発展にとって、とても重要です。


なぜ国語や外国語を学ぶのか?


では、なぜ言語を学ぶ必要があるのでしょうか?



1.コトバは複雑です! 


言語は、(1)文法、(2)語彙、(3)文学、(4)作文など、多岐にわたる要素から構成されています。


これらの要素を理解し、関連付けながら、文章を読んだり書いたりすることは、他の教科と比べてとても難しいことがあります。




2. 文学的な要素の理解が必要!


国語には文学作品や詩、物語なども含まれます。国語もそうです。このような作品には時代背景や文化的な要素が反映されています。


そのようなことを理解するためには、幅広い知識や感性が必要です。



言葉はコミュニケーションの基礎です。

また、読解や作文能力は、実生活でのコミュニケーションにも影響を与えます。


言語を使って自分の考えを表現したり、他人の意見を理解したりする力が不足している場合、国語や外国語の理解が難しくなります。




言語学習への興味やモチベーションを高める


他の教科に比べて、国語や英語が苦手と感じるお子さんがいます。そこには、言葉に対する興味やモチベーションの欠如が考えられます。


また、興味を持たない教材やテーマに対しては、理解することが難しくなることがあります。

言葉を学ぶことで、興味の範囲を広め、モチベーションを高めることに繋がります。



最後に

国語や外国語への理解を深めるためには、どうしたら良いでしょうか?いくつかのヒントを記します。


1. 読書を積極的に行う

2. 書く練習をする

3. 聞く練習をする

4. 会話を積極的に行う

5. 文化を理解する


このことについては、また次回具体的にお話したいと思います。



こんにちは。メルク英語教室の林英美です。

松本市の国立大学と私立大学でも、英語、韓国語、ビジネス英語を教えています。


今回のブログでは、松本市にお住まいの保護者の皆様へ、地元の高校進学事情についてご案内いたします。松本市内の高校事情は多岐にわたり、お子様の進路選択について十分な情報を得ることが重要です。



長野県中信地区にある公立高校の特徴


(1) やっぱり上位4高が人気!


深志、アガタ、蟻ケ崎、美須々の上位4高は倍率が高い傾向があります。美須々は一時期、私立人気で倍率が下がりましたが、特に中学で教科書改変のあった2021年以降、倍率またが戻ってきました。

少子化の中、小さな頃から保護者の方針のもとで、しっかり勉強している子供たちの学力は下がらない傾向にあり、特に上位3校は根強い人気です。

コロナ禍、一度深志高校の倍率が0.99倍になりましたが、その後は改善しており、非常事態のことだったと思います。


長野県松本深志高等学校





長野県松本県ヶ丘高等学校



長野県松本蟻ヶ崎高等学校



長野県松本美須々ヶ丘高等学校




(2) 豊科高校の特徴


豊科高校は他校と比較して、土地柄からレベルが若干混在してます。安曇野市には普通科高校が少ないため、安曇野地域から普通科へ行きたい受験生、また他の地方からの受験生もいて、倍率は高めの傾向にあります。そのため、私立との併願など、計画的な対策が必要です。


(3) 高専や工業高校に注目


高専や工業高校の推薦入試や前期入試が人気で、特に電子情報系に関心を寄せる生徒が多いです。

メルク英語教室からも、今年は個別指導をしてきた鎌田中学3年生が推薦で見事合格しました。


(4) 学力が中〜下位層向けの普通科高校の流れ


学力が中位〜下位高校は、特に後期試験で倍率が割れる傾向が続いてぃす。これは、私立高校授業料の実質無償化による私立高校への流出にもよります。


また、公立高校教育よりも私立を望む保護者や子供たちが増えているのも背景にあります。



(5) 公立高校再編の動き


田川や志学館などで、中信地区にある公立高校再編の動きがあります。これらの変化にも目を向け、進学先を検討してください。


(6) 学力以外の能力評価の重要性


商業高校や農業高校などでは、前期選抜で学力以外の能力を評価しようとする傾向が見られます。お子様の学力だけではなく、特技や興味を活かせる進学先も考慮に入れましょう。


長野県中信地区にある私立高校の特徴

近年では私立専願者が増えており、併願で私立を滑り止め扱いにするのは、難しくなるケースも出てきました。進路先を、慎重に選択する必要があります。


(1) 都市大塩尻と松本国際の進学実績が好調


都市大学附属塩尻高校は、進学実績が上がっており、東北大や名古屋大への進学実績を出しました。


松本国際ではIBコースの進学実績が素晴らしく、スポーツ等で活躍した高校生の進学実績も比較的良いです。


また、松本国際は中高一貫校を2024度で4期目を迎えて、中学から英語やスポーツなど特色ある教育を打ち出しできました。


(2) 松商も特色ある高校へと変化へ


松商は進学コース、商業、スポーツを強化するコースに力を入れていて、進路指導では進学のみならず歴史ある商業高校として、就職先も充実しています。


(3) 第一高校の特徴


第一高校は進学コースや食物科が人気で、進路指導も充実しています。


(4) 通信制高校という選択肢には多様なニーズが


信濃むつみや松本国際など、通信制高校も検討の余地があります。


「海外留学しながら、日本の高校の学位も取りたい」、「スポーツ、ダンス、プログラミングを思いっきりやりたいから通信に行く」、「集団生活は苦手」、「朝起きれない」など理由も様々です。




保護者の皆様、お子様の個性や将来の夢に合った高校を選ぶためには、じっくりと情報を収集し、相談しながら進むことが大切です。


進路相談が必要な場合は、地元の教育コンサルタントや学校の進路指導担当者に、早めに相談することをお勧めいたします。


また、気になる高校のオープンキャンパスや説明会にも、早くから出掛けましょう。

bottom of page