top of page

こんにちは、メルク英語教室の林英美です。


本日、大学入試共通テスト2日目です。

受験生の皆さんは、体調を整えて最後までやり切って欲しいです。


昨日1日目が終わり、大手学習塾から昨日行われたテストの分析が出てきました。


ここで代々木ゼミナールと東進による、英語の分析内容を比較してみたいと思います。


英語(リーディング)


①代々木ゼミナールによる分析


全体的にはこんな感じでした。


"例年通り、様々な場面設定の英文が出題された。英文の総語数は昨年から150語弱増加して約6200語となった。素早く情報を読み取る力が問われている。"


(引用元: 代々木ゼミナール 2024年度大学入学共通テスト速報(1/13・14実施)https://sokuho.yozemi.ac.jp/kyotsu/bunseki/1374129_2188.html


設問は例年通りです。しかし、

語数が増えたため、素早く情報を読み取らなくてはならない...。


語数、まだ今後も増える可能性あるんでしょうか。


速読力と正確さが求められると言う、いかにも選択肢問題からなる共通テストらしい傾向だと思いました。


②東進による分析


構成されている設問の特徴です。


"第2問B以外のすべての大問で図、表、イラストが使用されており、複数の情報源から概要・要点を把握する力が求められた。"


(引用元: 予備校の東進 共通テスト解答速報2024 https://www.toshin.com/kyotsutest/)


図、表、イラストを見ながら、英語を読み取る力は、アカデミックスキルとして求められるばかりでなく、実践的にも必要なスキルですね。


まとめ 


リーディングの語数が増えました。


AIの時代が到来し、早く多量の情報を読む機会が、確かに増えてます。


その中から嘘や虚偽の情報がないか判断し、正しい情報を読み取る力は、必要でしょう。


しかし、今後も共通テストで読み込まなくてはならない英語量が、増え続けるのであれば、共通テストの生物方式を採用して欲しいなと思います。


生物には「生物基礎」と「生物」がありますが、英語にも受験する大学によって「英語基礎」と「英語」があると良いと思いますが、どう思いますか?



おまけ


福井新聞は、河合塾からの分析を掲載してありました。こちらも参考にしてみてください。


日本では近年、「日本の教育にわが子の将来を託せない」という危機感を覚える小中学生の親が増加しています。


小中学生の親が感じる危機感


① 親世代が子供だった頃の20~30年前と比較してみた時、日本の教育現場はほとんど変わらぬままです。


②近隣アジア諸国と比較して、国民のグローバルマインド育成において、大きく遅れをとってしまっている日本では、子供たちが受けている英語教育がアップデートされず、聴いたり話したりする実践的な英語能力の育成には至っていないと、長らく指摘されています。


③プログラミング教育が開始されたと言っても、なかなか進まないIT教育の導入など、インフラ整備十分ではありません。


日本だけが世界の経済的成長から取り残されているような状況にあります。親たちは、「将来、日本でしか生きられない人間に育てること」に対して不安を抱いています。


注目されているマレーシアへの小中学生留学


この中で、注目されている選択肢の一つが、マレーシアへの小中学生留学です。


この傾向は2016年ごろから見られ、2020年には新型コロナのため中断しましたが、2022年春夏には多くの小中学生がマレーシアに留学しました。


実際、私の存じ上げている方が、日本からマレーシアに留学している小中学生を対象にした日本語専門の学習塾をクアラルンプールで営んでいらっしゃるのですが、100人近い小中学生が学び、キャンセル待ちが出るほどの大盛況だそうです。



アジア各国から子供たちがマレーシアへ


韓国や中国、香港、台湾などの近隣国からも多くの留学生がマレーシアのインターナショナルスクールに集まり、その数は増加の一途を辿っています。


なぜマレーシアなのか?

マレーシアが留学の対象として注目を浴びる理由は、公用語がマレー語であるが、多民族国家であり、中華系やインド系などが多数存在している点が挙げられます。


公立の小学校でも英語教育が行われ、多くの人が日常的に英語を使用しています。


現在、約200校近くのインターナショナルスクールが存在し、これらの学校の多くがイギリス式の教育カリキュラムを採用しています。この経緯は、マレーシアがかつてイギリスの統治下にあったことや、現在も英国連邦の一部であることによります。


物価が安く平和な国


留学生が増加する理由として、

「欧米やオセアニアと比べて学費が安い」

「東南アジアでトップクラスの治安のよさ」

「医療サービス含めた生活の質の高さ」

「親日国」

などが挙げられます。


更に、インターナショナルスクールでの教育が世界共通テストでの名門大学進学への近道であることも大きな要因です。


小中学生の留学を実現させるには?


留学を実現する方法には

「親子留学」と

「単身留学」の2つの方法があります。


親子留学では、母親が子どもとともにマレーシアに移り住み、父親が日本から仕送りをするというパターンがよく見られます。  


留学エージェントによれば、生活費の目安は「人数と暮らしぶりによります。



小学四年生以上のお子様がいらっしゃるご家庭では、そろそろ中学進学について本格的に考えてみると良いと思います。


中学受験か高校受験か


中学受験と高校受験には、それぞれ異なる選択肢があります。


  1. 大学受験


① 中学受験をする

• 中学受験を経て中高一貫校に進学。

• 高校受験を回避し大学受験を目指す。

• 倍率によるものの、合格するためには相応の努力が必要。

② 高校受験をする

• 中学受験を経ずに、高校受験を選択。

• 中学校入学後も高校受験に向けての勉強が必要。


いずれの選択肢でも受験勉強に、時間と労力を割く必要があります。



中学受験


最近の中学受験では、私立・公立中高一貫校を受験する方が増えていて、競争が激しい状況が続いています。


中高一貫校の進学には、高い学力と学習環境の質も求められます。

高校受験


高校受験では私立・公立校から志望校を選択します。


中高一貫校でも、高校受験により進学できる場合があります。

まとめ


どちらの選択肢もメリットがあります。

中学受験を経ることで、早い段階から勉強習慣を身につけ、質の高い教育環境で学ぶことができるとも言えます。


お子様の将来に関わることです。

今では裕福な家庭だけが受験をするのでなく、早くけら教育に投資すると言う考え方もあります。


「あの時、子供としっかり話し合えば良かった」と後悔することがないように、家族で早めに話し合いましょう。


また、結論を急ぐ前に、学校見学や説明会に出掛けてみると、より身近に同世代の保護者の方とも触れ合うことができて刺激になるでしょう。

bottom of page