top of page

メルク英語教室の林英美です。


このブログをご覧になっている大人の方々は、高校を卒業した時点でその先の進路を明確に決めることができていたでしょうか。


高校卒業後の進路すぐに決められる人もいれば、迷いに迷う人もいます。


日本では一般的に、高校を卒業すると進学か就職を選ぶケースがほとんどです。


一方で、様々な人々との出会い、異文化体験を求めて、海外へ飛び出す人もいます。


今日は、高校卒業後にニュージーランドへ旅立つ決心をした卒業生を紹介します。




メルクのつながるラジオをお聴きになる方は、こちらからどうぞ!




今年の春に、第一回アンプロカップと言うプログラミングのコンテストがありました。


幸せに暮らせる家づくりをテーマとして、通じて何Minecraftの中で家を設計することがテーマでした。


このカップには、メルクプログラミング教室から1名のコンテスタントが参加しました。



今回の経験を糧にして、今後は、他のコンテストにも生徒たちが出場してくれたら良いと思っています。


第6回Minecraftカップ


全国からの参加者を募る第6回Minecraftカップが、今年も開催されます。


プログラミング教室を開講して今年の9月で3年目になります。そろそろ上級レベルが終了しそうな受講生たちも出てきました。


今後、受講生たちは、与えられた課題に取り組むだけではなく、自分自身がプロジェクトを立ち上げて実際にプログラミング教室で学んだことを応用的に活用していきます。



例えば、建築物をデザインしてみたり、ゲームをデザインしてみたりなど、将来大人になったときに仕事として発注されそうな内容のことを、受講者自身が取り組んでいきます。


人々の生活をより豊かで素敵にしていくために、様々な可能性をプログラミングで実現していくのではないか行きます。


6月に教室内イベントを開催


サバイバル系のイベントでは、実際にゲームを受講生が考えて、イベントを企画してもらいます。


建築系のイベントでは、第6回Minecraftカップに出造するか否かを判断する材料として、建築イベントを開催します。


それに合わせて、現在教室では教室に設置してあるパソコンすべてでMinecraft教育版を使えるように準備をしました。


また、教室の近隣にある大学の先生たちや民間企業で活躍されている方々にお願いして、実際にプログラミングを使って設計をする前に、人々の思いをどのように褒めるか等を教えてもらう予定です。



受講生たちのアイディアで、どんなアイディアが生まれるのか、今からワクワクしています!




松本市の中学1年生の皆さん、こんにちは。


初めてのテスト

メルク英語教室に通っている中学生の中には、5月からそろそろ中間テストが始まります。


生徒さんたちに学校の年間スケジュールを教えて貰いました。


最近では、3学期制の学校もあれば、前期後期声の学校もあり、テストのスケジュールもまちまちです。


中学1年生が初めて経験する英語の中間テストに向けた対策とアドバイスを共有したいと思います。


どんな問題が出題されるの?


中学1年生、最初の中間テストや期末テストは、主に以下の三つから成り立っています:


1. リスニング問題


学校や教科書が提供する音声を活用し、基本的な単語や短いフレーズの理解を深めましょう。


これを活用してください!



初めて聞く単語があれば、それをノートに記録し、繰り返し書き取る練習をすると良いでしょう。



2. 単語と文法問題


(1) アルファベット: 大文字と小文字

確実に書けるようにしましょう!

学校によっては、出ていないところもありますが、まだしっかり覚えていない人は、先々困ります。


(2) 基本的な単語: 数字、曜日、月


単語をしっかりと覚え、スペルミスがないよう注意しましょう。毎年、どこの学校でも出題されています。


(3) 英単語の並べ替え:


日本語の意味から、適切な英語の文を組み立てる能力を試されます。


一部の学校では、和文英訳など選択肢のない高度な問題が出題されることがありますので、しっかり学校のワークブックをやり込みましょう。



3. 長文理解と英作文


(1) 対話、またはスピーチなどよ読み取り問題


対話を読み、理解した内容をもとに、問題に答える形式です。特に疑問文があるところは、答え方を間違えないように気をつける必要があります。


  • be動詞の疑問文 (unit 1)

  • 一般動詞の疑問文 (unit 1)

  • Can を使った疑問文 (unit 1)


  • Who, how, whatなどの疑問詞を使った疑問文 (unit 2)


  • What, when, wher, whyなどの疑問詞を使った疑問文 (unit 3)


5月の中間テストであればユニット1まで、6月の期末テストだとユニット2から3まで出題する学校もあります。


普段からしっかり単語を書けるように、また文法を理解するように心がけましょう!


(2) 英作文


簡単な自己紹介や、日常の状況を説明する短文を書けるようにしましょう


どんな問題が出題されるのか、学校からのテスト範囲に関するお知らせに書いてあるかと思いますので、しっかり確認してください。


以下メグの紹介文をみて、自分のことを書けるようにしましょう。


名前 My name is Yumi Tanaka.

呼び方 Call me Yumi.

年齢  I am twelve.

出身 I am from Matsumoto.

好きなもの I like apples.

嫌いなもの I don't like bananas .

よくやること: I often play tennis.



6月後半の期末テストから試験がある方は、それ以外にもこんな英作文の出題が予想できます。


誕生日 My birthday is May 2.

できること I can' swim.

できないことI can't dance.

将来なりたいこと I want to be a soccer player.



学習のポイントと教室でのサポート


(1)英語を聞こう!


教科書や色んな音源を活用し、毎日のリスニング練習を習慣化しましょう。聞き取れない部分は何度も聴き直し、聞き取りやすい速度で聞いてみましょう。


(2) 単語をかけるように!


学習した単語は繰り返し書いて、確実に意味も覚えることが大切です。


中1の単語は、その後の基礎にもなります。


(3) 音読をしよう!


教室ではクラスメイトとのペアワークやグループワークで音読練習にも取り組んでいます。

自宅でも内容、理解を深めるために、音読を習慣化しましょう。


(3) 1:1 英会話で楽しく!


今年度より100分間のレッスンのうち、25分間は1対1のオンライン英会話を取り入れています。


学校英語に集中するあまり、実践的な英語を楽しく学べないのであれば、英語を嫌いになり学習意欲が低下しとしまうかもしれません。


教室では、オンライン英会話を通じて、ときには緊張感もあったり、先生との対話からなごやかな笑いがあったりと、中学生たちが生き生きと楽しく英語を学んでいます。


最後に


英語のテストは、単なる試験のスコアを超え、国際的な視野を広げるための一歩となります。


学校でのテスト準備だけでなく、将来的に役立つ実践的な英語能力を身につけることができるよう、私たちも全力でサポートしていきます。


困っていたら早めの対策を


中学1年生の英語中間テストは、本格的に英語を中学で学び始めるための大切な評価です。


メルク英語教室では、一人ひとりの能力に合わせた指導で、各生徒が自信を持ってテストに臨めるよう努めています。


テスト対策だけでなく、日常会話にも役立つ英語力を養うことができるよう、多角的なアプローチを心がけています。


ご興味のある方は、ぜひ当塾までお問い合わせください。


一緒に英語学習を楽しく始めましょう!

bottom of page