top of page

松本市の進学事情:中学受験と公立・私立校選び、子供の未来に向けて



中学受験やその後の進路選択は、子供たちの人生において大きな転機となります。地域の公立中学ではない中学校への進学が選択される場合、通学に時間がかかることや、私立の場合にはそれ相応の教育費がかかります。


12歳の子供が中学受験をすることで、将来の進路に初めて向き合い、「自分はこれから何がしたいのか?」という問いに対して考えるきっかけとなります。

松本市で中学受験をする小学生

松本には私立の中高一貫校が2校、小中一貫校が1校、信大付属中学、インターナショナル小学校が1校あります。


中学受験は向き不向きもあります。中学受験について全く考えたことがない方もいらっしゃるかと思います。


「ああ、受験しておけばよかった。」「受験をしないで他のことに時間を費やせばよかった。」そんな後悔がないように、お子様が中学生になる保護者の皆さんには、しっかり子供の進路に向き合ってほしいと思います。また、高校受験や大学受験を控えているご家庭でも参考となる情報があるかもしれません。


松本の特色ある私立中学について、それぞれの概要と英語教育について紹介します。


① 松本国際高中学校・高等学校https://m-kokusai.ac.jp/)


グローバル教育に対する需要があることを踏まえて、2022年4月に松本国際中学校が開校しました。英語に関して、週3回の朝30分のEnglish Timeがあるほか、国内外の英語研修も計画しています。ICT教育も充実しています。


② 松本秀峰中等教育学校 (https://www.shuho.ed.jp/


松本秀峰中等学校

秀峰中学は中高一貫校で、医学部や難関大学に進学する学生も多い進学校です。


英語教育も重視し、海外研修やグローバル教育を提供しています。





小中一貫校で、経済的負担はあるものの、学校の教育方針に基づいた特色ある教育を提供しています。小学1年生から英語に触れ、英検などの検定試験に取り組んでいます。


④ インターナショナルスクールオブ長野https://isnedu.org/


松本市四賀の旧五常小学校に使われていた校舎を活用し、自然豊かな環境の中で、全ての教科を英語で教えています。学費は公立小学校に比べて高額です。


・・・・・・・・・・・・・・・・


首都圏ではグローバル教育に強い私立中学やインターナショナルスクールが人気です。松本から他県の学校への進学事例もあります。


公立学校には優れた点もありますが、時代のニーズに合わせた環境整備が必要であると指摘されています。


中学受験にかぎらず、子供の進路についてしっかりと考え、親子で選択肢を検討することが重要です。学校見学などを通じて、子供の進路に後悔のないようにサポートすることも大切です。


松本の進学事情:中学受験と公立・私立校選び、子供の未来に向けてお子様の進路相談等、お困りのことがありましたら、教室にもお気軽にご相談下さい。



留言


bottom of page