top of page

SDGsを知っていますか?①




最近よく耳にするSDGs(エス・ディー・ジーズ)ですが、何を意味するか知っていますか?




S=sustainable 持続可能な

D=development 開発

G=goals 目標


SDGsとは、「持続可能は開発目標」のことを指します。





では、具体的に「持続可能な開発目標」とは何を指すのでしょうか?



SDGsには、17つの目標があります

1番から17番まである目標の数字には、それぞれ意味があります。

例えば1番は、「貧困をなくそう」であり、17番は「パートナーシップで目標を達成しよう」です


それぞれの番号は、世界が一丸となって解決するべき問題の優先順位を示しています。

数字が若ければ若いほど、重大かつ解決すべき大事な到達目標です。


SDGsはいつから提唱されているのでしょうか?

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択されました。


誰が何のためにこのような目標を挙げたのでしょうか?

国連加盟193か国が、2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

国連加盟国である日本も、SDGsで掲げた目標を2,030年までに達成するために、努力する必要があります。

政府や地方自治体が旗振り役となり、企業や団体、私たち個人に対してSDGsで掲げられた目標を達成するために努力するように勧めています。


例えば、皆さんが思いつく有名な日本企業名をネットで検索し、「SDGS」と入れてみてください。

「トヨタ SDGs」「伊藤忠 SDGs」 「イオン SDGs」


どちらの企業も、個々の利益や成長発展のためばかりでなく、SDGsで掲げている目標を達成するために、社会貢献できる企業であることを目指していることが分かります。


これからの世界では、他との競争を勝ち抜くために資源を浪費し、生き残る企業とそうでない企業との間に格差を招き、収益が出ない時にはどんどん従業員を解雇するような企業には、たとえ短期間的には潤いがあっても、長期的には将来はないでしょう。





Comments


bottom of page