top of page

中学受験と高校受験の違いを知ろう

小学四年生以上のお子様がいらっしゃるご家庭では、そろそろ中学進学について本格的に考えてみると良いと思います。


中学受験か高校受験か


中学受験と高校受験には、それぞれ異なる選択肢があります。


  1. 大学受験


① 中学受験をする

• 中学受験を経て中高一貫校に進学。

• 高校受験を回避し大学受験を目指す。

• 倍率によるものの、合格するためには相応の努力が必要。

② 高校受験をする

• 中学受験を経ずに、高校受験を選択。

• 中学校入学後も高校受験に向けての勉強が必要。


いずれの選択肢でも受験勉強に、時間と労力を割く必要があります。



中学受験


最近の中学受験では、私立・公立中高一貫校を受験する方が増えていて、競争が激しい状況が続いています。


中高一貫校の進学には、高い学力と学習環境の質も求められます。

高校受験


高校受験では私立・公立校から志望校を選択します。


中高一貫校でも、高校受験により進学できる場合があります。

まとめ


どちらの選択肢もメリットがあります。

中学受験を経ることで、早い段階から勉強習慣を身につけ、質の高い教育環境で学ぶことができるとも言えます。


お子様の将来に関わることです。

今では裕福な家庭だけが受験をするのでなく、早くけら教育に投資すると言う考え方もあります。


「あの時、子供としっかり話し合えば良かった」と後悔することがないように、家族で早めに話し合いましょう。


また、結論を急ぐ前に、学校見学や説明会に出掛けてみると、より身近に同世代の保護者の方とも触れ合うことができて刺激になるでしょう。

コメント


bottom of page