top of page

この時期からの中3生の英語をどう対策するか

更新日:1月7日

この時期になると、中3からのお問い合わせがチラホラとあります。


他教科はできるのに、英語だけがガクッと落ちる傾向は、多くの受験生に見られます。


受講生の学力にもよりますが、他教科で70点以上を取れる実力があり、英語だけがガクッと下がっている場合、これからの短期間で追い上げることも可能かも知れません。


しかし、一夜漬け的勉強にはリスクが付き物ですhi


なので、「英語がとても苦手」だと思ったら、迷わずに中1、中2の段階で来て欲しいんです。


その場合、他に選択肢はありません。

プライベートの1択です。

最低、週に1時間は必要です。


生徒さんのペースに合わせながらも、加速度的な勉強指導が必要です。


中3生の場合、体験レッスンを受けていただいて、お互いに同伴者として行けそうだな?と思えば、受け入れています。ただし、講師との約束を守れる方のみです。



以前、秋頃に駆け込みで入試まで追い上げた方がいました。


英語は50点台でしたが、入試では英語が一番点が取れるようになりました。


かなり濃密な内容で勉強を進めますので、その覚悟がある方なら、お待ちしています。




ただし、ここだけはハッキリお伝えするべきことがあります。


短期間で何かを成し遂げたい場合、学習者自身の学習量を増やすことが最優先です。そうすることで、学習の質を徐々に伸ばす力へと繋がります。


中途半端な気持ちでは、対応はできません。


厳しいことを言うようですが、四の五の言わずに猪突猛進でゴールを目指す集中力が求められます。

最新記事

すべて表示

高校ってどうやって選ぶの?

中学生が高校の進路選択で迷うことがあります。都市大附属塩尻、松商学園、松本国際、第一高校など、私立人気の傾向です。 一方で深志高校、県ヶ丘高校、蟻ヶ崎高校、美須々ヶ丘高校は根強い人気があります。松本工業高校など特色ある高校も人気です。 信濃むつみ高校など通信制高校も年々人気です

bottom of page